img要素のalt属性(代替テキスト)の重要性

今回はSEOやアクセシビリティに対して有効なalt属性についてまとめてみました。


結論から言うと、「alt属性は超重要!!」、コレですね。

ではなぜか?というと…

①ページの評価(上位表示)には左右されないが、検索エンジンに画像の中身を判断させる。
…画像を端的に説明する文章が良い。ただし盛り込みすぎるとスパム扱いされてしまうので注意。
②目の不自由な人がスクリーンリーダーを使用したり、点字に変換して認識したりする際のアクセシビリティ向上につながる。
…詳しくはWCAG2.0ガイドライン1.1「代替テキスト」をご覧ください。アクセシビティの4つの原則を理解し、すべての人がWebを利用できるようにするために重要。
③画像が表示されなかった場合にalt属性で記述したテキストが表示される。
…リンク切れ等で表示されない場合、何を表しているのか理解できないため、alt属性にテキストをしていると見ている人に情報を伝えられる。ユーザーに良心的。

主にこの3点。

ただし、すべての<img>タグに記述する必要があるかというとそうではなく、装飾のための画像などには記述せずに( alt = ” ” )と空にしておけば良いかと。

自分自身ついつい忘れがちになってしまうalt属性の記述、SEOやアクセシビリティ的にも意味ある文章を記述していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です