フォント・書体が与える印象・雰囲気

スクールに通い学ぶ中で、書体選びがとても重要だと教わりました。

ただ単に書体といっても「セリフ体」・「サンセリフ体」・「明朝体」・「ゴシック体」などがあり、更にそれぞれに様々なフォントが存在するといった形です。

見出しなどの見せる文章は「ゴシック体」、長い文章などの読ませる文章は「明朝体」や「セリフ体」といった、「可視性」・「視認性」・「判読性」の要素で伝える印象が変わります。

また、高級感や和風、やわらかい、パワフルなどといった雰囲気もフォントによってだいぶ変わるのでフォント選びは本当に大切。

150929

かわいらしい雰囲気を演出する場合は、ポップ体などのフォントが〇

つくる作品の雰囲気や与えたい印象を考えてフォント選びをしていきたいですね。
色々なホームページや雑誌などを見て、フォント選びの研究をしてデザイン力を上げていく事で、雰囲気を感じてもらえる作品を作っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です